選手の勇気称えた鹿島・石井監督「レフェリーが勇気を持てなかった」とチクリ

思わず恨み節が漏れた。 鹿島アントラーズの石井正忠監督は 試合後の記者会見で 「選手たちは120分間ファイトし、 あのレアル・マドリーに対して 真っ向勝負で挑んでくれた」 「立ち上がりから勇気を持って、 120分間戦ってくれた」 と、選手の勇気に賛辞を送る一方、 「試合の中でレフェリーの方が 勇気を持てなかった場面が 一つあったと思う。 そこも残念に思う」と述べた…

続きを読む

「もし鹿島がリーガに入ったら?」レアル番記者に聞くJリーグ王者のレベル

FIFAクラブワールドカップ決勝が 18日に行われ、レアル・マドリーが 鹿島アントラーズを4ー2で下して クラブ世界一に輝いた。 もっとも、レアル・マドリー以上に 世界に衝撃を与えたのが鹿島の健闘だ。 120分間を戦い抜き、一時は 柴崎岳の2ゴールでリードを奪った。 試合後、世界各国のメディアが 鹿島や選手たちを称賛するに至っている。 鹿島のプレーぶりを ス…

続きを読む

発展途上国の審判! 藤枝市議の発言が炎上!

凄い試合を見せてもらいました。 で始まるこのブログ。 藤枝市議の天野正孝議員が 鹿島アントラーズと レアル・マドリードの クラブワールドカップ試合を 観戦しての興奮をつづっている。 そして、 「個の能力では負けても チームワークで勝つ、 日本のサッカーの神髄」 を見た気がします。 や 石井監督の采配と選手全員の 頑張りには心から拍手を送ります。…

続きを読む