「天才」家長昭博が川崎Fを選んだ理由。30歳での決断。「模索中」のサッカー人生

高校卒業を待たずにユースから トップチームへ昇格し、 ガンバ大阪でプロとしての 第一歩を踏み出したのが2004年7月。 新たにユニフォームに袖を通した 川崎フロンターレが、14年間で 延べ9つ目のチームとなる。 もっとも、移籍を決断するたびに 家長昭博は一抹の不安を抱いてきた。 「移籍するときには、 (新しいチームに)馴染めるかどうか いつも心配なんですけど…

続きを読む