『カルテット』高橋一生が、「リアル天沢聖司だ!」とジブリファン感激

先日、意外な形で最終回を終えた TBS火曜よる10時ドラマ 『カルテット』で、ヴィオラ奏者の役を 演じている俳優の高橋一生(36)が、 ジブリ映画のキャラクターを 連想させると話題になっているようだ。 ある日、カラオケボックスで 偶然出会った30代の男女4人が 弦楽四重奏団を組み、 共同生活を送ることになるという 同ドラマで、高橋は ヴィオラ奏者の家森諭高を…

続きを読む

日本はもう世界一ではない!野球の根本を変えて、甲子園戦法や弱者の戦術も取り入れるべし!

WBCで日本は 2大会連続の4強に終わった。 個人的には2次リーグ突破も 簡単ではないと思っていたから、 1次リーグから7試合の戦いぶりには 満点に近い点数をあげたい。 準決勝の米国戦も大満足。 これが今の日本の実力だ。 過去の大会は同じ大リーガーでも ピークを過ぎた選手が多かったが、 今大会はバリバリの選手をそろえてきた。 もし日本に田中(ヤンキース)…

続きを読む

米サイト特集の「WBCで日の目を浴びた」選手に侍から2人が選出 米国で侍・千賀のMLB挑戦“待望論”!? 筒香にも「複数球団が興味示すだろう」 NPBからはさらに2選手、バレンティンは「あらゆる意味で新発見」

野球日本代表「侍ジャパン」は、 第4回WBCで2大会連続の ベスト4に終わった。 開幕から6戦全勝で挑んだ準決勝では 米国に1-2で惜敗。 2大会ぶりの世界一には 届かなかったものの、 小久保裕紀監督率いる日本は 激戦の連続でインパクトを残し、 随所で輝きを見せた。 米スポーツサイト 「ブリーチャーズ・レポート」は、 今回のWBCで活躍を見せた 「メ…

続きを読む

カルテット 最終話「死と乙女」選曲の意味とは?真紀の真意を考察

カルテット最終回では、 軽井沢の大賀ホールでのコンサートが 一番の見せ場だったのでは ないでしょうか。 この、ドーナツホールにとって 「人生最大」かもしれない コンサートにおいて 1曲目に演奏する曲として 早乙女真紀(松たか子)が選んだのが 「死と乙女」という曲。 たくさんある弦楽器で演奏できる 曲の中から、なぜこのタイトルの曲を、 しかも1曲…

続きを読む