小林麻央、退院を決意 「子どもを感じられる環境が今、必要」

12133435.bmp

乳がん闘病中の小林麻央(34)が
28日、自身のブログを更新し、
退院日を決めたことを報告した。


「栄養」とのタイトルで更新した麻央は
「今、甘酒をちょびちょび
頂いていました。
飲む点滴と言われるくらい
栄養が豊富なのですよね。
工夫しながら、栄養を摂っています」
と写真をアップするとともにつづった。


さらに続けて、
「今、何が必要か。やはり子供達を
感じられる環境だと思います。
心の栄養」
と子供達に寄り添いたいという
気持ちを明かし、

「帰っても、自分のことすら
しきれない不安はありますが、
思い切って退院日を決めました。
先生方も回復の力を信じて
下さっているので私も信じて、
一歩進みます。えいえいおーー!」
と家族の待つ自宅へ
戻ることを決断していた。


 麻央はこの日、

「栄養2」

とのタイトルで再びブログを更新。
「栄養補助食品のアドバイスを
して頂きました。
色々なものの恩恵を受けて、
ありがたいです。
知らないままだとできないことも
多いので、何でも『聞きたい』
気持ちが大きいです」
と周囲からの協力に感謝していた。


 麻央は昨年12月末から骨への
放射線治療を再開。
痛みとの闘いが続いていることを
たびたびつづりながらも、
今月23日のブログで放射線治療が
終了したことを報告していた。

この記事へのコメント