超売れっ子 菅田将暉が頭抱える“パワフルおしゃべり実父”

67659.bmp78780.bmp

テレビや映画に引っ張りだこで、
昨年“ナンバーワン・ブレーク俳優”
となった菅田将暉(24)。


昨年末に電撃引退した成宮寛貴と
同じ事務所所属で、松坂桃李と並び、
“ポスト成宮”の一番手として
名前が挙がる若手実力派だ。


今年も、又吉直樹の小説「火花」の
映画化で主演に決まるなど、
快進撃は止まりそうにない。


そんな男が頭を抱えていることが
あるらしい。
自身の父、菅生新氏(57)のことだ。


発売中の週刊新潮が直撃しているのだが、
〈いやあ、“お父さん出たらアカンよ!
”て事務所から言われてるからねぇ〉
と言いながら、しゃべるしゃべる。


〈直接の俳優修業ではありませんが、
自分という人間を“経営”しろ、
そして自分という株を上げろ
とは言うてました〉


〈私は歌が好きでね。息子には
“吉田拓郎”に会わせてくれたら、
お父さん死んでもいい”
って言うてるんです〉


何やら、とっても
楽しそうな雰囲気なのだ。


「実は新潮が直撃する前に、
別のメディアも菅生氏に取材を
かけていたんです。

その時もマシンガントークが
止まらなかったらしい。
結局、事務所から“ストップ”がかかり、
その取材はお蔵入りになった。

事務所としては、菅田をテレビや
映画界をしょって立つ
大物俳優に育てたい。

パワフルな親父が何か“変なこと”を
ベラベラしゃべらないか、
本当に頭を悩ませているらしいのです」
(芸能プロ関係者)


菅生氏とは、いかなる人物なのか。
本人のホームページ(HP)によると、
同志社大卒業後、藤沢薬品工業勤務を
経て
「サクセスモティベーション
インターナショナル株式会社(SMI)」
の代理店として独立。

SMIは

「人間の潜在能力には限界がない」

という哲学を基に活動を行う
能力開発組織なのだとか。

現在は経営コンサルタントとして、
自己啓発セミナーなどの講演で
全国を飛び回っているらしい。

HPには

「あなたは今も空を飛べますか?」
など刺激的な言葉が並んでいる。

「新潮にあれだけ答えてしまったことで、
相当な“お灸を据えられた”はず。
今後はメディアには
出てこないでしょう」
(前出の芸能プロ関係者)


菅田ファンとしては、
エネルギッシュな“親子共演”も
見てみたい気もするが……。

この記事へのコメント