神戸の決勝点はオフサイドだった…クラブと審判の意見交換で

123133424.bmp23344.bmp

日本サッカー協会の審判委員会は17日、
Jリーグの試合後にクラブと
審判員が判定を検証する
意見交換について
東京都内で報道陣向けの説明会を開き、
J1第1節で神戸が清水戦で挙げた
決勝点はオフサイドだったと
結論づけたことを明らかにした。

なお、判定は覆らない。


意見交換は今季からの試みで、
ここまで公式戦74試合中
17試合で実施。

第3節でG大阪が3-0で勝った
FC東京戦でPKと判定された
今野のプレーも反則ではなかった
と認めた。

一方、柏が第1節の鳥栖戦で得た
PKの判定は正しかったと説明した。
小川佳実委員長は
「みんなで共有して
(検証を)続けていかないといけない」
と話した。

この取り組み、非常に共感が持てる
取り組みだが、ぜひとも、映像とともに
振り返り、さらにいい判定も併せて、
それをアーカイブとして見られる仕組み
があると我々サポーターの知識が増え、
さらなるサッカーレベルの向上に
つながると感じている

この記事へのコメント