小倉優子“ゲス夫”にしっかりお灸…「養育費は月100万円」

121443.bmp676754.bmp

ヘアメイクアーティストの夫・
菊池勲氏(46)との離婚を
ブログで発表した、小倉優子(33)。

その1週間前、本誌が彼女の
“離婚決意”を報じたばかりだった。

本誌は、彼女が菊池氏に
「慰謝料7千万円」を要求しているが、
金額で折り合わず、
離婚が延びていると報じていた。

結局、小倉は「慰謝料なし」で
菊池氏と離婚。
本誌が報じたような「慰謝料7千万円」
をめぐってもめたりしてはいない
と強調したのだが――。


2人をよく知る
ファッション関係者がこう明かす。

「たしかに最後は“慰謝料なし”で
双方が離婚に合意しましたが、
“慰謝料”という形を
とらなかっただけで、菊池さんは
きっちり“責任”を
取らされたんですよ(苦笑)。

2人は海外のリゾート地に共同名義で
別荘を持っているんですが、
ローンの残額を菊池さんが
全額引き受け、別荘の名義を
小倉さんにすることで合意しました。
ローンの残額およそ5千万円を、
菊池さんが支払っていくことになります。

さらに現在彼女が住んでいる
マンションの家賃80万円と
生活費20万円の合計100万円も、
2人の子の養育費として、
菊池さんが毎月支払っていくことで
話がまとまりました」

別荘と養育費をしっかり確保しつつ、
今後のママタレとしての活動を見据えて、
“慰謝料ゼロ”での再出発を
強調する小倉だが、しっかり
“ゲス不倫”夫にはお灸を据えたようだ。

この記事へのコメント