密かに“パチンコ長者”だった倖田來未 儲けまくり!の真相

35445.bmp345566.bmp

歌手・倖田來未が今月8日に
2作同時発売した最新アルバム
「W FACE~outside~」と
「W FACE~inside~」が、
3月20日付オリコン週間
アルバムランキングで
1・2位に初登場した。


女性ソロアーティストが
オリジナルアルバムで1・2位を
独占したのは、故藤圭子さんが
「新宿の女/“演歌の星”
藤圭子のすべて」と
「女のブルース」の70年7月27付の
ランキングで記録して以来、
46年8か月ぶり2人目の快挙
となったのだが…。


「1位になったとはいえ、
発売初週の売り上げは
それぞれ2万枚程度。

ほかに強力なライバルの新作の発売も、
ロングセラーでヒットしている
アルバムもなかったので
たまたまタイミングが良く
1、2フィニッシュの快挙となった。

レコード会社もほとんど
プロモーションをしていなかったので
ラッキーだったのでは」
(レコード会社関係者)


そんな倖田だが、爆発的な
人気を誇っているのが全国の
パチンコホールだというのだ。


「倖田の機種は07年に1台目が
発売されたが、今年2月に発売された
『CR倖田來未5』で5台目。
これまで数々の有名歌手たちが
パチンコ台を発売しているが、
5台目まで行ったのは倖田のみ。

パチンコ台のロイヤリティーだけで
1億円以上を稼いでいるのではと
言われている」
(パチンコ業界関係者)


同機種に使用されている
倖田の楽曲は、ブレークの
きっかけとなった
「キューティーハニー」、
レコード大賞受賞曲「Butterfly」、
バラードの名曲「you」など
新規に使用された曲6曲を含む
全16曲だが、ここまでホールで
倖田の機種がもてはやされた理由とは?


「ファン層のマイルドヤンキーが
パチンコ店に足を運ぶ客層と
かぶったのがヒットした理由。
おそらく、この先も新機種が
発売されるのでは」(同)


一家の“大黒柱”としての
稼ぎは安泰のようだ。

この記事へのコメント