ベイルが植毛を検討中?“お団子”は頭頂部の薄毛隠しと英メディアが報道

67790.bmp43535.bmp
レアル・マドリーの
ウェールズ代表MFガレス・ベイルに、
驚きの疑惑が浮上している。

ベイルは現在、頭の上で髪を
まとめるお団子ヘアースタイル
“マンバン”で試合に臨んでいる。


だが、英メディア『ザ・サン』が
報じたところによると、ベイルの
“マンバン”は頭頂部の薄毛隠し
のためであると指摘。

関係者筋によると
「ガレスは髪の束をてっぺんで縛って、
脱毛症を隠してここまできていた。
だが、本人はその手間と時間に
嫌気が差していている」
との証言を得ているという。


また、クリスタル・パレスに所属する
同胞ウェールズ代表の
ジョー・レドリーは
ベイルと親しい間柄にあり、
1万ポンド(約140万円)の植毛手術を
勧めているとのこと。

しかし、今はまだシーズン中。
もし植毛手術を受けるとなると、
シーズンオフの5月以降になる見通し。


これまでサッカー選手の植毛と言えば、
FWウェイン・ルーニーが手術を
行ったことで知られるが、
ベイルがもし来シーズンに異なる
ヘアスタイルでピッチに姿を
現すことがあれば、それは“術後”
になるのでは、と報じられた。


また、一部スペインメディアは
ベイルのこの報道を受けて、
「ベイルはジネディーヌ・ジダン監督の
指導を受けているうちに、
ジダンに似てきたようだ」
と現役時代から頭頂部が薄毛だった
ジダンの話題を交えて伝えている。

この記事へのコメント