大前元紀、清水戦を前に。「チーム状況的に私情を挟むつもりはない」としつつも、「犬飼とかとやれるのは楽しみ」

56577888.bmprrrr.bmp5465677.bmp56546.bmp

16日に行われる今節・清水戦において、
最も注目されるのは間違いなく
大前元紀だろう。


自身の評価を確立した清水を離れ、
今オフに大宮へと移籍。


しかしなかなか結果を残せずに
チームも連敗から抜け出せない
現状のまま、
古巣戦を迎えることになった。


「意識はもちろんしますけど、
まずはいまのチーム状況的に
私情を挟むつもりもない。

チームの連敗を止められるように、
初勝利を挙げられるように
全力で戦うだけですね」


そう語る大前だが、

「ずっと一緒にやってきた仲間だし、
チームでもある。
そういう仲間と戦うのは
変な気持ちですけど、
知っている人とやるのは楽しみ」

という思いも当然持っている。

中でも、マッチアップが予想される
ある選手との対戦は特に楽しみとのこと。


「センターバックの犬飼(智也)とかは
ずっとやってきたし、僕がFWで
アイツがセンターバックになって
当たれば駆け引きや対峙することが
多いと思う。

(清水のトップチームに)
アイツが入ってきて、
(松本)山雅にレンタルで
行ったりしても帰ってきてから
ずっと一緒にやってきた。

そういう選手とやれるのは
楽しみですね」


もちろん、チーム状況を考えれば

「楽しむ」

という感情はピッチ上で
生まれにくいかもしれないが、
かつて切磋琢磨した仲間との邂逅は
無得点、連敗という名の重圧から
解き放たれるトリガーにもなり得る。


大宮の背番号10としてアイスタを制圧し、
浮上への転機としたい。

この記事へのコメント