英メディア選出「歴代“攻撃的DF”トップ10」 世界的名手とともに元日本代表の名も… ベッケンバウアー、イエロ、R・カルロス、クーマンなど世界的名手が並んだ 通算得点数を基にランキング化 闘莉王が堂々9位にランクイン

得点力の高いディフェンダーの存在は、
セットプレーなどでチームの大きな武器
として威力を発揮する。

英サッカー専門サイト「90min」は、
「美しい試合の歴史で得点を決める
DFトップ10」と題した特集動画を公開。


4月15日に行われたJ2第8節の愛媛FC戦
(3-2)で圧巻のハットトリックを
記録した日本が世界に誇る超攻撃的
ディフェンダー、元日本代表DF
田中マルクス闘莉王(京都サンガF.C.)
も9位にランクインしている。


闘莉王は2001年にサンフレッチェ広島で
プロデビューを果たし、それ以降
リーグ戦では15シーズン連続で得点を
決めていた。


名古屋がクラブ史上初めてJ2降格の
憂き目にあった昨季はキャリア初の
無得点に終わったが、これまで幾度と
なくチームを救うゴールを決めてきた。



得点数を基にした今回のランキングで、
闘莉王は10位のスティーブ・ブルース氏
(113得点/現アストン・ビラ監督)を
上回る9位に名を連ねた。

Jリーグでは今季第2節の徳島戦
(3月4日/1-0)での京都加入後
初ゴール、そして愛媛戦の
ハットトリックを含めてJ1、J2合計で
89得点。

そのほかリーグカップ13得点、
天皇杯5得点、ACL3得点、日本代表8得点
の通算118得点
(※動画では114点と紹介されている)
だった。


その空中戦の強さと得点力を買われて
FWとしてもプレーする闘将が、
世界の名手たちに肩を並べて
堂々のランクインを果たした。



1位にはバルサ
“ドリームチーム”の一員が…


その闘莉王の上には西ドイツの皇帝、
フランツ・ベッケンバウアー氏
(8位/120得点)や、
悪魔の左足として恐れられた
元ブラジル代表DFロベルト・カルロス氏
(7位/122得点)など錚々たる
顔ぶれが揃った。


上位では3位に163得点の元スペイン代表
MFフェルナンド・イエロ氏が入った。
キャリアの晩年はCBとしてプレーしたが、
2位に175得点で1978年、1986年と
二度のワールドカップ優勝を
経験している元アルゼンチン代表
DFダニエル・パサレラ氏が入った。


そして、1位は元オランダ代表
DFロナルド・クーマン氏だ。
現在は監督としてエバートンを率いる
同氏は、現役時代に名門アヤックスや
ヨハン・クライフ氏が率いて
「ドリームチーム」と呼ばれた
バルセロナなどで活躍。


ロケット砲のような直接FKや
ミドルシュートでゴールを量産した。

キャリア通算253得点というFW並みの
記録を残して、2位以下に大きな差を
つけてトップに君臨している。


歴代トップ10の全ランキングは
以下のとおり。

1位 
ロナルド・クーマン 253ゴール

2位 
ダニエル・パサレラ 175ゴール

3位 
フェルナンド・イエロ 163ゴール

4位 
ローラン・ブラン 152ゴール

5位 
パウル・ブライトナー 131ゴール

6位 
グラハム・アレキサンダー 129ゴール

7位 
ロベルト・カルロス 122ゴール

8位 
フランツ・ベッケンバウアー 120ゴール

9位 
田中マルクス闘莉王 118ゴール

10位 
スティーブ・ブルース 113ゴール

45456767.bmp45777.bmp

この記事へのコメント