L・エンリケ、ユーヴェとのセカンドレグでは「ストライカーを8人置くリスクも冒せる」

434566.bmp
5456777.bmp

15日のリーガエスパニョーラ第32節
、バルセロナは本拠地カンプ・ノウでの
レアル・ソシエダ戦に3-2で勝利した。

ルイス・エンリケ監督は試合後、
2失点を喫したことを
気にかけながらも、
この勝利がチームにとって
自信になるものとの見解を示している。


スペイン『マルカ』がアストゥリアス
出身指揮官のコメントを伝えている。


「ライバルがいとも簡単に我々に
打撃を与えているのは確かだ。

しかし、この勝利はチームを
勢い付けるものだよ。

選手たちには満足している。

ユーヴェ戦の失敗から
立ち上がれるキャパシティーにね」


一方でMFアンドレス・イニエスタ
ではなくMFアンドレ・ゴメスを
先発させた理由について問われると、

「イニエスタからポジションを
奪える選手がいるわけではない。
その質問は馬鹿げている」と返答。

ユヴェントスとのセカンドレグ
については、

「ストライカーを8人起用する
ようなリスクも冒せる。
失うものは何もないんだ」

と語っている。

この記事へのコメント