【セルジオ越後】森脇の“侮辱的発言”問題で、僕が一番問題視しているのは…

5454545.bmp4565466666.bmp

5月4日のレッズ対アントラーズの
試合で、選手の不適切な発言を巡る
問題が起こったね。


70分過ぎの両チームの
小競り合いのなかで、
レッズの森脇の「臭い」という
趣旨の発言が取り沙汰された。

このセリフは、アントラーズの
小笠原に対して発せられたのか、
ブラジル人のレオ・シルバに
向けられたものなのか。

両者の言い分は食い違いを見せ、
Jリーグの規律委員会の
選手への聞き取り調査の末、
森脇に2試合の出場停止処分が科された。


問題の核心が見えにくい部分があるけど、
ただこうした小競り合いは
サッカーではよくあることとも言える。

ビッグクラブ同士の対戦で、
激しいゲームだったし、お互いに
熱くなっていたんだろうね。

子どもの口喧嘩でも、
もっとひどい言葉が飛び出してくるよ。


もちろん、差別的な発言がOKと
言っているわけではない。

それは絶対に言ってはダメ。

そんなことは、
あえてここで僕が言うまでもない。


ただし、疑われるような
言動があったから、ここまで
大きな問題になったとは思うけど、
小競り合いの時、あれだけ
多くの選手がいたんだから、
誰かが真相を知っていても
おかしくないよね。


僕が一番、問題視しているのは、
レフェリーは何をしていたのか
ということ。

件のシーンで、ボールをキープする
土居を突き飛ばした興梠には
イエローカードが
出されていると思うけど、
それ以外の“お咎め”はなし。

主審も副審もすぐ近くにいたはずなのに、
いったい何をしていたのかな。


ピッチ上で起こったことを裁くのが
レフェリーの仕事だ。

それなのに、後日に処分が
下されるような事態があって、
それを目の前で見ていたはずの
彼らの仕事ぶりに、僕は納得できないね。

規律委員会には、審判員からの
報告書も提出されたという。
そこに何て書いてあるのか興味深いよ。


2試合の出場停止という処分も、
釈然としないね。

処分の理由は、Jリーグの公式HPに

「他の競技者、その他の競技に
立ち会っている人々に対する侮辱」

と記されてはいるけど、
曖昧な部分が少なくないよ。

何を根拠にしているのか。

どんな証拠があったのか。

そこが明らかに
されていない気がするんだ。


ジダンが頭突きをしたとか、
スアレスが?みついたとか、
それなら分かりやすいよね。

でも、今回はある意味、
「言った・言わない」が
問題になっているから、
判別しにくいのは理解できる。


誤解を恐れずに言えば、
「臭い」という言葉自体、
差別的な発言とは言い切れない。

でも、シチュエーションによっては
差別を表わすこともある。

そこが今回の論点のひとつだと思うけど、
うやむやなまま、
決着がつきそうな気配だね。


処分は森脇だけに下されたけど、
それだけでいいのかという考えもある。

ガンバサポーターによる不適切な
フラッグ問題について、ガンバには
制裁金200万円が科されたけど、
レッズには何のペナルティもないのかな。


森脇はレッズに所属しているよね。

問題を起こした選手を雇っている


クラブにも責任はあると思うし、
Jリーグではなく、むしろクラブが
森脇を罰してもおかしくはない。


レッズにもブラジル人選手はいる。

ラファエル・シルバがゴールを決めれば、
みんな抱き合って喜んでいるよね。

それなのに、今回のような
問題が起こること自体、
残念な気がしてならないよ。

この記事へのコメント