元C大阪MFが薬物所持で逮捕 ナイトクラブで警察にコカインを押収される セレッソ大阪でもプレイしたミッチ・ニコルズ 海外再挑戦のチャンスを棒に振る

23222.jpg54546.bmp


かつてセレッソ大阪に所属し、
現在はウェスタン・シドニー・
ワンダラーズに所属する
オーストラリア代表MF
ミッチ・ニコルズが薬物所持で
逮捕された。


現在28歳のニコルズは2014年1月に
セレッソ大阪へ入団した。

しかし、思うような出場機会を
得られないまま、同年6月末に
母国のパース・グローリーへ
レンタル移籍。

翌年4月に契約が解除され
C大阪に復帰したが、その3ヶ月後の
7月にウェスタン・シドニー・
ワンダラーズへ完全移籍していた。


今季は公式戦28試合に出場し、
2ゴール6アシストを記録。

輝きを取り戻しつつあった
矢先の出来事であった。


オーストラリア紙

『The Sydney Morning Herald』

によると、地元警察が

「ナイトクラブにいたニコルズから、
コカインが入った3つのビニール袋を
押収した」

と発表したとのこと。


今夏ニコルズは海外クラブへの
再挑戦を視野に入れていたようだが、
同紙は

「欧州の移籍市場がオープンしたら、
いくつかのクラブと
交渉しようとしていたが大打撃」

と取り上げている。

この記事へのコメント