大宮・伊藤監督が就任会見 「まずJ1残留を目指す」 「勝ち点36、8勝5分け8敗、まずはそこを目指す」

3234.jpg111.jpg

新たに就任した大宮アルディージャの
元コーチの伊藤彰監督(44)が
29日、さいたま市西区高木の
クラブハウス「オレンジキューブ」で
就任会見に臨み、

「まずはJ1残留を目指したい」

と最下位に沈むチームの立て直しへ
決意をにじませた。


新体制では、海本慶治コーチ(44)が
ヘッドコーチ、育成部の
奥野誠一郎ヘッドオブコーチ(42)が
コーチに昇格。

「2人にチームを
引っ張っていってほしい。

チームをより攻撃的にするために
まず守備の構築をしっかり
やっていきたい」と期待を込めた。


伊藤監督の初采配は31日、
ルヴァンカップのアウェイでの
ジュビロ磐田戦となる。

会見でルヴァンカップの
ノックアウトステージ進出の可能性が
ない中での初采配について問われ、

「われわれにとって捨てていい試合は
なく、結果を残さないといけない。

ステップアップするため
の試合にしたい」と語った。


チームは今季、開幕から6連敗。
20日にはセレッソ大阪に敗れ、
J1で最下位に再転落していた。


伊藤彰監督の記者会見の
主なやりとりは次の通り。


--今回監督を引き受けた理由と決意は

「私は埼玉県出身で、埼玉県に
Jリーグがあるのが誇らしい。

まずはしっかりクラブをJ1に
残すことを目指したい。

簡単なことではないが、
チャレンジする意義はある。

自分のためではなく
クラブのために頑張りたい」


--期待する選手は

「全ての選手に期待したい。

ただ若手にはもっともっと
目立つ存在になってほしい
というのが正直なところ。

彼らが中心選手を脅かすことが
クラブのレベルアップにつながる」


--就任3日目でルヴァンカップがある。
この試合をどうとらえるか

「これから飛躍し、
ステップアップするための試合にしたい。

すぐ週末にリーグ戦の鳥栖戦があるので、
しっかりと調整していきたい」

この記事へのコメント