【大宮】伊藤新監督、バルサ布陣で始動 初陣は4―1―4―1濃厚「選手も少しずつ理解」

222.jpg43333666.jpg

J1最下位の大宮は29日、
渋谷洋樹前監督(50)の後任の
伊藤彰監督(44)が指揮を執り、
さいたま市内で始動した。

約90分の練習の最後に
縦約75メートルのピッチで行った
紅白戦形式の練習。

渋谷体制時の4―4―2ではなく、
中盤にアンカーを置くバルセロナと同じ
4―3―3を両チームが採用した。

新監督からは何度も

「トランジション(切り替え)」

の単語が発せられた。

FW江坂は

「攻守の切り替えを一番言っていた」

と話した。


練習前のミーティングでは
バルセロナの映像が流された。

指揮官が最も影響を受けた指導者は、
マンチェスターCのグアルディオラ監督。

バルセロナでは黄金期を築いており

「より攻撃的なサッカーが好き」

と明かした。

残り21戦を8勝5分け8敗、

勝ち点36以上を目標に
「チャレンジする楽しさ、
意義はあると思っている」

と残留へ向け再始動した。

そして、専門誌などが伝えるところ
今日の磐田戦のスタメンは4-1-4-1。

アンカーには長谷川アーリアジャスール
を起用する見込み。

    江坂

大前 茨田 横谷 岩上
    アーリア

河面 高山 河本 奥井

    松井


生まれ変わった大宮を見せてくれ!

この記事へのコメント