浦和、森脇が決勝弾!2戦合計3-2で8強進出 試合終了後に済州選手大暴れ/ACL ACLで乱闘勃発…済州の選手がベンチから飛び出して浦和の阿部に肘打ち

2345.jpg322555.jpg


アジア・チャンピオンズリーグ
決勝トーナメント1回戦第2戦
(31日、浦和3-0済州、埼玉)

浦和がホームに
済州(韓国)を迎えて対戦。

延長後半9分にDF森脇良太(31)が
劇的な決勝弾。

2戦合計3-2でベスト8進出を決めた。


敵地での第1戦に0-2で完敗に
終わった浦和。

ホームで先制点を奪い、
流れを呼び込みたい第2戦は、
思い通りの展開となった。

前半18分に左サイドからの
MF柏木のFKを、FW興梠が
頭で合わせて先制。

同33分には細かいパス交換から
興梠がラストパス。抜け出した
FW李が左足で冷静に蹴り込み
追加点を奪う。

2-0とし、2戦合計2-2で
前半を折り返した。


90分勝ちのためには
もう1点欲しい浦和。

後半に入ると一進一退の攻防に。

ゴールが奪えない状況を打開するため、
ペドロビッチ監督は同25分にMF青木、
6分後にはFW高木を投入した。

同36分に済州のDF趙容亨が
この試合2枚目のイエローカードで
退場処分。

数的優位となったがゴールを
決めきれずに、延長へと突入した。


数的優位の浦和が攻め続ける。

しかし、ゴールを
こじ開けることができない。

すると延長前半10分、
最後のカードとして
ペドロヴィッチ監督は
FWズラタンを投入。

守備を固める済州を攻め立てる。


そして延長後半9分、
高木の右クロスに走り込んだ森脇が
ピンポイントで合わせ、
値千金のゴールとなった。


延長後半ロスタイムには両チームで
小競り合い。

MF阿部がベンチにいたはずの
白棟圭に肘打ちを食らう。

白棟圭は一発退場となった。


試合はそのまま浦和が押し切り、
3-0で快勝。

2戦合計で3-2となり、
ベスト8進出を決めた。

試合終了後に済州イレブンが、
スタッフとともに猛抗議。

浦和選手やスタッフに
殴りかかろうとする選手もおり、
後味の悪い終わり方となった。

この記事へのコメント